Kyoto DU

KyotoDUワークショップ

2011年神戸映画ワークショップ 3日間の短期集中講座(企画、撮影、編集)

2011年神戸映画ワークショップ

8月13日(土)・14日(日)・15日(月)
3日間の短期集中講座(企画、撮影、編集)

1日目は、企画立案から演出プラン、完成までの流れを、神戸で撮影した『MISSING』の実作者である佐藤央監督と撮影助手から学びます。 続く2日間は、撮影と編集の実践。初心者から経験者まで、各受講者の希望に臨機応変に対応するカリキュラムです。 どんなに良い設備と著名な講師に学んでも、実際に自分で映画を作ろうという時にその技術が使えなくては役に立ちません。 この講座では、映画作りを志す人が、その一歩を踏み出すために必要な実践的な知識と経験を得てもらいます。


8月13日(土)13:00〜18:00
- 映画ガイダンス「企画発案、撮影と編集」-

講師:佐藤央、岡山佳弘 ゲスト:小出豊
神戸映画資料館で今年製作した『MISSING』を例に取り、映画作りの流れと、各パートの役割を具体的に学びます。
 1. 『MISSING』鑑賞
 2. 企画立ち上げ〜脚本作り
 3. 撮影準備(キャスティング、ロケハン)〜現場での演出・撮影
 4. 編集〜音楽入れ

8月14日(日)10:30〜18:00
- 撮影実技「機材の使い方、撮影」-

講師:唐津正樹、岡山佳弘
SD・HDビデオカメラの使い方から、撮影に必要な知識【露出、フォーカス、ホワイトバランス】などを中心に撮影の基礎技術を学びます。 また、各自カメラを持って撮影に出ます。
※カメラ持参でない受講生と希望者には、講座で用意したカメラを使っていただきます。
 1. 撮影講習
 2. 撮影実習

8月15日(月)13:00〜18:00
- 編集実技「編集、DVD制作」-

講師:唐津正樹
映像編集ソフト「FinalCutPro」を使用して、前日に撮影した映像素材を編集します。 基本的な【カット編集、映像効果、音の調整、タイトル作成】などを学びます。
 1. 編集講習
 2. 編集実習

※編集した映像は、8月20日(土)18:10から神戸映画資料館シアターで上映し、講評と受講者同士の意見交換を行います。上映後、受講生各自にDVDを差し上げます。

受講資格
18歳以上、経験の有無は問わず

機材紹介
[AG-HMC155]
AVCHD(LongGOP Intra予測 Mpeg4 H.264)方式を採用、HD機器の中でも「映像の破綻がない」と評判のSDカード収録方式の次世代パナソニックフルHDビデオカメラ。
[AG-HMC45]
上記AG-HMC155の後継機、さらに軽量化が進み、コスト面からもHMC155のサブ機として利用できると評判のフルHDビデオカメラです。
[その他]
そのほかHD収録可能な機材も増えるかもしれません、御期待下さい。

詳細はこちらへ
主催 神戸映画資料館
日程 2011年8月13・14・15日(3日間)
会場 神戸映画資料館
神戸市長田区腕塚町5丁目5番1アスタくにづか1番館北棟2F 201
参加費 18,000円
講師 KyotoDU 唐津 他
受付 ワークショップの参加に関しては、神戸映画資料館にお問合せください。
使用機材 HMC45/HMC155 ほか
ページの先頭へ